The glass container

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
~さらに続き~


(屋外より室内に戻る)
なんだこのテトリスみたいな水槽達は・・・@@;
よく見ると照明にはLEDが使われているようだ・・・
この狭いラックの間に照明を噛ませている家主はなかなかに収納上手みたいだな(笑
水上育成








ガラッ
(温室のようなドアを開けてみる)





うわっ
すごい水槽の数だっ
向こうがかすんで見える@@;
奥で誰かが水槽に手を突っ込んでいる・・・
不審者か@@? う~む・・・見てみぬふりをして元の部屋に戻ろう・・・^^;
海水







ここは淡水水槽部屋か・・・
あいかわらず水槽の先が見えないほど遠いい・・・
この部屋は左側から蛍光灯、LED、メタハラと照明を使い分けているみたいですね。
それぞれの照明の特性を研究でもしているのか?館の主はなかなか勤勉そうですね@@
比較




これはモスを巻きつけてある流木などが入った水槽か・・・@@

う~む かなり几帳面に巻いてある。
神経質な部分もあるのかなぁ(笑
モスとか




これはブセの水槽でしょうね@@
水槽台に白い紙が貼ってあり値段が書かれている・・・
LED下で生育されているようだが苔も出ずコンディションも良さそうだ@@
見た所・・・10種類近いブセがあるみたい。ブルジョワッ
ブセ販売


それにしても水草の調子が抜群にイイ!
↓これなんかもレイアウト水槽みたいだ!
 でも値段が書かれてるしまさかこっから抜いて買えるのか@@?
水草の調子が抜群




この抜群に調子のいい水草・・・レイアウトを崩してまで購入できるはずはない@@;
しかし値段が貼られてるし・・・
水草調子いいー





なんだか色々見ていて疲れた・・・
少し椅子に座って休むとしよう@@
ここから注文




おや!?
さっき水槽に手を突っ込んでいた青年がコーヒーを持ってきてくれた@@!

( ´_`)。○ 〇(けっこういい人じゃないか・・・さっきは不審者呼ばわりしてゴメンよ)
コーヒー





しかし・・・なんてここは居心地が良いんだ・・・。
白猫と4時間近く滞在してしまった@@;
結局、誰の家なのかも分からなかったけど・・・またいつか来れたらいいなぁ


これにて潜入捜査終了@@!!
パソコンとコーシー 





家に持ち帰った利き石達。
う~む この刻まれた岩肌・・・ サイコーだ~><
戦利品
 







(注)ちゃんと石は買いましたからね!^^;

戦利品1
スポンサーサイト
前回からの続き

ほぉう 
普通のクラスの水槽ばかりかと思ったら、こんなデカイ水槽も管理しているのか@@
それにしてもゴージャスな設備だなぁ・・・
でもレイアウトも無難な感じだし使われている水草もそれといって
珍しい水草は使われていないと思われるがー
ん!?@@  水草の中に銀色に光る葉が見えるが・・・  はて なんだろ@@?
大きな水槽


なんじゃこりゃー@@;
使われている水草のほとんどはあのブセファランドラではないですか(汗
このご時世にまったく・・・この館の主は変態なのか!?(笑
ブセ











この2~3メートルあろうかと思われる水槽の配管はどんな感じになっているんだろう@@?
この馬鹿デカイ水槽に・・・
このゴージャスな水草の使い方・・・
もしかしたら土管のようなデカいパイプの配管でも使っているのか@@!












・・・・@@;。
うーむ掃除が大変そうだ(笑
しかしこれで分かった事がある。
この館の主は大変綺麗好きでお金持ち。それでいて掃除好きと思われる(笑
例の配管




ちょっと息苦しくなってきたので外にでも出てみるか。
ここはビニールハウスと思われるが、日本の水草やら、金魚やらが飼育されているようだ@@
いったい何本水槽を持てば気がすむのだろうか(笑
水槽1本1本にエアレーションの白い管が見える・・・
館の主はけっこうマメな性格のようですね。
ビニールハウス




これは水草の水上葉というやつでしょうね@@
ルドウィジア・・・、パールグラス? と思われる水草がしっかりと管理されているな。
電気のかからない日光の力で飼育されているようだな・・・
この館の経済事情も厳しいのかな@@?(笑
水上育成ちゅ





(ビニールハウスの奥に進むと・・・)




こっ これは・・・
この館の主は採掘マニアなのか@@?
なぜにこんなにも大量の石がストックされているのだろう@@?
流木までこんなに大量に収集されている・・・


ふーむ
どれひとつ利き石でもやってみるか
*利き石=沢山の石から自分の水槽に使えそうな石を選別する事。(←こんな言葉はありません^^;)
流木石など


・・・・。
2時間30分近くも石の選別をやってしまった@@;(実際に本当です)
一緒に来た白猫はさぞ怒っている事だろう。
この選別した石はあとで家主に頼み込んで譲ってもらう事にしよう
こんだけあるんだから石の一つや二つ大丈夫だろう(笑
石







                      ~~~~明日へ続く~~~~
 
なんだこの白い建物は・・・
よく見ると入り口と思われる場所には大きな水槽が展示されている@@;
どっかの富豪のおうちなのかなぁ@@?
外観



インターホンが無いので恐る恐るドアを開けて中に入ってみる。
するとまず目に飛び込んできたのはズラリと並んだ水槽群@@;
館の主はよっぽど水槽が大好きらしい・・・
並んだ水槽


水槽を1点1点じっくりと見てみる。
これは木化石を使用したレイアウトだろうか?
木化石は水質を変化させやすい成分を含んでいると聞いた事があるが、見事に維持されてある。
どなたかは知らないが腕の方も確かなようだ。
キューバパールを石の間に噛ませているのは面白い発想ですね@@
新しい水景



隣に海水水槽もあった。
筆者は海水はやらないので良くわからないが、なかなか綺麗に維持されてるんじゃなかろうか?
しかし海水まで手を伸ばすとは・・・主はアクア全般に精通している人物のようだ@@
海水も綺麗


             
                          ~~~~~明日に続く~~~~~

             




 
前年度は開催されなかったスカイアクアリウム・・・
今年は開催されているという噂を聞きつけ白猫に記念日デートと
かこつけて調査しに行ってまいりました@@
スカイアクアリウム2011


↓以下 館内を撮影してますのでこれから行く方はネタバレになります^^;




毎年変わった趣向でアクアリウムの世界を表現しているので
レイアウトの参考になればと思い薄暗い中を抜けると・・・ そこには巨大な水槽が@@;
四季1


大型の薄い水槽の後ろにスクリーンを設置しプロジェクターで
四季を投影しているようです@@
四季2

う~む 
開店から閉店の間プロジェクターに照射されている鯉は大丈夫なのか@@?
と思ったりしました(笑
四季3

冬景色になみなみと水が注がれ・・・
四季4


最後は水草の生い茂るネイチャーアクアリウムで終わりました。
6分ちょっとのミニシアターのようで、見ている観客からは「うわぁ・・・」と驚きの声も聞かれました。
四季5

シアターを抜けるとそこは「大・中・小」様々な水槽が置かれているスペース。
海水や淡水など様々なレイアウトが楽しめます@@ 
海水1

ネイチャーアクアリウムも^^
2ヶ月近い開催期間。自分が行ったのは丁度1ヶ月が過ぎた位なので
あと1ヶ月崩壊せずに維持し続ける事が出来るでしょうか・・・(笑
ネイチャーアクアリウム

こちらは30cm水槽かと思ったら90cmか120cmの水槽を縦に置いて
奥行きあるレイアウトが楽しめます。壁にはめ込んでいるので
遠目からじゃ分かりませんがかなり奥行きを感じられるレイアウトです@@
奥行き


机型水槽@@?
全面ガラスで密閉されているので、この上で勉強したり寝たり出来そうです(笑
ただ上部ガラス面に泡が溜まらないようにやや傾斜をつけてあるのでこの上で
寝ていたら寝返りうったら落ちてしまうな・・・ブツブツ と本気で色々考えたり^^;
机水槽

部屋全体がライトアップされた涼しげなスペース。
青白い光に照らされたクラゲと底床に敷かれたビー玉がなんとも
幻想的で写真を撮っている女性が沢山いましたね
女の人はこういうのが好みなんですかね・・・@@?
LED1

時間と共にライトの色も変わりまた違う雰囲気が味わえます。
変色可能なLEDのなせる業ですね@@
LED.jpg


スカイアクアリウムを後にし展望台に向かうとそこにも巨大な水槽が・・・@@;
見る角度によっては水中に東京タワーがあるように見えたり、東京タワーの
周りを魚が泳いでいるように見えます。
東京タワー1

これは幻想的でしたね@@
水槽を設置する時 背面は壁の事が多いですけどこのように風景を
見れるような場所に設置するのもいいもんですね。
うちでもやってみようかなー  東京タワーの変わりに電信柱くらいしか無いけれども(笑
東京タワー

「マドラウンジ」にて。
スカイアクアリウムとコラボレーション企画で作られたカクテル、その名も「アクアリウム」。
レモンの皮で作ってある魚?イルカ?この辺がアクアのようです。
カクテル「アクアリウム」

好きな人を誘ってこのカクテルを飲みながら「君の人生をレイアウトさせてくれ」と言ったら
まず間違いないでしょう・・・ 
・・・・・・
・・・。
どなたですかパソコン前で失笑している方は^^;
スカイアクアリウム

【開催期間】 2011年7月15日(金)~9月25日(日)
【時間】 11:00~22:00 ※金、土、祝前日11:00~23:00 ※最終入館は30分前まで
【場所】 東京シティビュー (森タワー52F)
【料金】 一般 ¥2,000、高校・大学生 ¥1,500、4歳~中学生 ¥800
※展望台の入館料(一般 ¥1,500、高校・大学生 ¥1,000、4歳~中学生 ¥500)を含みます。
東京タワーの1階に水族館があるみたいなんですよ@@!
これは調査しにいかなきゃならん!という事で白猫と行ってきました。
東京タワー


*********デジイチを車に忘れたので携帯画像で粗いですが御了承ください@@;**********

まずは入ってすぐに目の前に飛び込んできたきた水槽。
東京タワーが水槽の中に入ってる・・・
20××世界が海に沈んだ風景でも再現したんだろか・・・@@;
東京タワーオブジェ


とにかくデカイ魚がいっぱい居ました@@;
怪我した指をこの中に入れたら一瞬にして骨だけになりそうだなぁ・・・
ピラニア?


閉店30分前に行ったので自分たち以外には誰もいませんでした(笑
ナマズとか


アロワナとスッポンのコラボレーション水槽があったりして(笑
スッポンとアロワナ


本棚のような淡水コーナーもあったりして(笑
なかなか面白かったです^^
入場料1000円です。気になった方はぜひどうぞ@@
淡水?

***************************************************

以前こちらで紹介したナイトアクアリウム水槽。
箱

とりあえず簡単にレイアウトしてみました!
使ったのは白砂とガラスで出来たミニマウンテンのオブジェを入れてみることに。
LED水槽レイアウト


生体は体が透明なヤマトヌマエビを選択してみました。
エビ達は迷惑そう


どうして水草とか流木をいれなかったのかというと
下の画像のように何をいれても真っ黒になってしまって
レイアウトどころではなかったです^^;

ちなみに下はミクロソリウムいれてますがシルエットだけ
だとコンブに見えますね^^;
ミクロソリウム?コンブ?


しかし何回見てもこのレイアウトは
ルパンに盗られる前の宝石みたいだ(笑
ルパン宝石1
本日は野郎3人で吉祥寺の方に美味しいカレー屋さんがあるという
事なので行ってきました。でその帰りに時間が余ったので前々から行きたかった
アクアショップ「H2」と「An aquarium.」に行くことに。
自分以外の2人はアクアには興味がないのですが渋々付き合ってもらいました。


まずは1店目「H2」
 (公式HP)
2店舗あるうちの1つの目黒店。大通りに面したビルの1Fに店はありました
ガラス張りの店に深緑の雨よけがついててオサレなイタリアレストランみたいですね。
外人の親子もマラソンしてるし。
H2に



外にはレイアウト用の流木や石がたくさんあり空の水槽に実際に置いてレイアウトを体験する事もできます。
スタッフさんはどこかで見た事があるなと思ったらレイコン上位でアクアジャーナルでも顔写真付きで
紹介されている方ではないですか! お話を聞こうと思ったのですが水槽を立ち上げたばかりのお客さん
に一生懸命アドバイスされていたので、そっと水槽の陰から見守る事にしました。

スタッフの中にはアクア業界には似合わない可愛らしい女性もいましたね
って俺はどこを見てきたんだ^^; 

話を戻して店内は数多くのレイアウト水槽とADA商品がありました。
その中でも一番目を引いたのが小型水槽達。濾過器もヒーターも付いてないのに
見事にレイアウトされている!話を聞くと3~4日に1度の換水だけで維持しているという
う~ん素晴らしい。
もうちょっと長居したいなと思いつつも、その場を後にしました。
H2へ


*******************************************************


2店舗目は「An aquarium.」
 (公式HP)
以前銀座の松坂屋の屋上にあった店舗がこちらに移転したみたいです。
外観はワインレッドで大人の雰囲気を漂わせる落ち着いた感じになっています
こちらはまだ移転して間もないという事なので店内レイアウト水槽も作りたてといった様子。
魚はアピストやシクリッドに力を入れてるみたいですが自分は詳しくないのであまり語れません。
店内入って左にある新規レイアウト中の前景にウォーターローンを大量に植栽してある水槽が今後どうなるのか
とても気になるところです。
HPのブログからもその様子が見れるようなので要チェックですね。
An aquarium.


ちょうど訪れた時はお客が自分だけだったので色々とお話をする事ができました。
店長はとても話しやすくてついつい自分の水槽の事とか今作ろうとしているお店のレイアウト
について色々と聞いてしまいました。


銀座店に行った時は店長不在でお話を聞けなかったのですがこちらには毎日居るそうです。
店長さんがメンバーズカードを発行してくれたのでこれはまた行かないといけませんね 
車で2時間かけて^^;
an aquarium.


今回手に入れた商品はこちら。
あれ!?いまさらアクアジャーナル177号?と思われるかもしれませんが
177号は白猫に先に買われて内容も知っていたので、なんか今更買うのもなぁ~という感じで
後回しにしてましたが、コレクションしていく為には買わざるおえないという事で買いました。

それと「アクアプランツ」の7号。こちらは
遊@危さんが記事にされていて欲しくなったので
買いました。特に目を引いた記事では皆さんご存知のトロピカ社の水草達がどのように栽培されているかが
4ページにわたって特集されています。ミクロソリウム・ウィンデロフってトロピカ社の創始者
のホルシャー・ウィンデロフさんの名前から来てるんですって~ はじめて知りました^^;

それから6ページ目にはさっき訪ねた「H2」の小型水槽が特集されてました。
このページに載ってる女性?見たことある!と思ったらさっきH2に行ったときに店に
いた女性じゃないですか! 有名人だったんですね~ サインもらっときゃよかったかな^^;
ジャーナルとアクアプランツ


「小さくたってここまでできる!」
 
去年、六本木ヒルズのスカイアクアリウムⅢ(公式サイトはこちら)に白猫と行ってみました
携帯画像なので粗いですがお許しを


六本木という事もあって田舎物だと悟られないように行動するのが大変でしたよ^^;
こんなオサレなBarもありましたが手元がガクガク震えて
そそがれたカクテルがこぼれるのを恐れて注文はしませんでした

スカイアクアリウム 



直径4m、高さ2.6mのでかい水槽が海抜250mのガラス一枚隔てたビルの上にあります 
飛び込もうとする自分を必死に白猫が制止してくれました 

スカイアクアリウム1 



こちらは真ん中を透明な板で仕切ってます   
水草とアロワナのコラボレーション・・・う~ん斬新ですね
開門~と仕切りを外そうとする自分を白猫が必死に・・・同上。
スカイアクアリウム2 




斬新な水槽が多かったですが
スタンダードなレイアウトもありました  
やはり落ち着きますね
スカイアクアリウム3 




海水水槽もありました
海水の知識は乏しいので  
大きくて綺麗だったくらいのコメントしかでません
スカイアクアリウム4 




こちらは金魚でレイアウトされた水槽群 
映画「さくらん」をイメージされた方も多いのではないでしょうか
(さくらんを知らない方はこちらを参考にしてください)
映画の方もおすすめですよ^^
スカイアクアリウム5 


開催期間は3ヶ月という長期間
自分たちは後半に行ったので水草の成長不良や苔に襲われた水槽もありました
絵画などと違って日々変化する生き物を展示しているのでその辺りは難しいのでしょうね・・・
もし次回スカイアクアリウムⅣなるものが開催されたら
オープニング当日に行きたいと思います

______________________



(注)悲しいお知らせ

この記事を書いてる最中に調べてて分かったのですが
今年はスカイアクアリウムに変わって
「地球最古の恐竜展~天空の恐竜ミュージアム~」
(公式サイトはこちら)
になるそうです。う~ん残念。でもこれはこれで見にいってみたい気も・・・
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。