The glass container

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
以前こちらでご紹介した27cm風の谷のレイアウトですが(←風の谷とか自分で言ってて恥ずかしい^^;
数ヶ月経過した現在このような感じになってます。
風の谷というか・・・
緑の壁になりましたが・・・?@@;
風の谷のレイアウト


という事でその成長の過程を見てみましょう@@
まずベースにはコンパネと園芸用底網を谷風に加工した中にソイルを
入れて、ナウシカがメーヴェに乗るような谷を作成してみようという挑戦でした。
谷レイアウト~


まず植栽してみたのはグロッソ。
しかし脆い地盤と崩れやすいソイルに抜けては差し戻す繰り返し・・・
この時はCO2添加無しでしたので水草の成長速度も遅く、また足し水管理
でしたので富栄養化によって苔の大発生に見舞われる事になります@@;
グロッソを・・・


そして緑苔・茶苔・藍藻のパーティーが始まり・・・
グロッソは苔の勢いに負け衰退していきました><

「ここも時期腐海にしずむ・・・」
谷レイアウト苔まみれ


この頃は当初目的の風の谷を再現する事も忘れ、60cm水槽で余った水草
をプスプスと挿して遊んでいました(笑
前景には庭のジメジメした所に生えていたノチドメなんか植えたりして
もしかしたらオークロみたいにワッサワッサに繁茂しないかなぁー何て事をしてました@@
谷レイアウトの復活


そしてノチドメは水中化しないんだ・・・;;
と悟った時期でもありました@@;
(↓ノチドメ抜いた)
谷レイアウトのノチドメ


そしてアクアショップにてちゃんとした水草、オークロ(オーストラリアドワーフヒドロコティレ)
を購入。節の根が出るであろう場所を軸に小さく切り分けました@@
この水草が流行ったのは2~3年前位?今でこそ価格は低くなりましたが
当時はけっこう高かったですよね^^; 
オーストラリアンクローバー?


ショップでは好環境で育てられていたのか葉っぱも大きいです。
水槽サイズが27cmと小さめなのでこれはトリミングを頻繁に行って
小さな葉に仕上げるとしましょう@@
順調


この手の水草は生長が早いですね!
透明感ある葉の緑がなんとも綺麗です^^
谷の壁を登ったり降りたり縦横無尽に繁茂していきます。
さらに繁茂


そこは繁茂してほしくないな・・・
(この場所は谷の横のいわゆる舞台袖です^^;)
すごい繁茂

という事で数ヶ月の記録を簡単にまとめてみました@@
「なんだ最初の目標の風の谷は達成できてないじゃん」というクレーム
がありましたら次回頑張りますm(_)m

***********************************


白猫の飼っているベタが木漏れ日で気持ち良さそうに
日光浴していたのでパシャリッ。

IMG_0200.jpg
スポンサーサイト
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。