The glass container

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
さて以前にこちらで紹介した小型の8リットル水槽ですが
その後このようになりました@@
小型水槽の全景
[水槽] 30㎝×17㎝×17㎝
[照明] カノーバライトFPL27w ×7時間
[CO2] ミニストーン拡散器で6時間
[エアー] なし
[水温] 27度設定
[水質] 未測定
[濾過] テトラ外掛けフィルターS
[底床] 田砂と水草一番サンド
[水草] オークロ/リシア/モス/ウォーターローン/ロタラ数種類/アマゾンフロッグピット
[生体] ヤマトヌマエビ2匹
[液肥] カリウム溶液に園芸用の肥料と鉄力あぐりを混ぜたものを時々
[ヒーター] 50W
[装飾品] フィールド採取した石 園芸用鉢底ネット
[作者] 黒猫あくあ




小型水槽には小生意気なリシアの絨毯を目指して
自作の金網を作って育成し始めた頃・・・
(↓ビフォアー)
リシア絨毯


これを設置したのはまだ寒く乾燥する気候だったので水の減りが早いし
水槽の高さが17㎝しかないので(ソイルの高さを引くと12㎝くらい@@?)
けっこう頻繁にトリミングが必要でした^^; ただ数回目からは葉の大きさも小さく
成長速度も緩やかになったので楽でした
(↓アフター)
小型水槽


鉢底ネットを棒状に巻いた中に入れたモスもなかなか懸命に成長して
くれて、そこに鉢底ネットがあった事を忘れる位に繁茂しました@@
毎日の足し水は大変だけど・・・
手軽にセット・リセット出来て必要とする水草や装飾品の量も少なくてすむ小型水槽はお財布にも
優しくて大好きです(笑
小型水槽の



~~~~アクアな場所の話~~~~~

世間はスカイツリーのすみだ水族館に注目されているその頃
黒猫白猫親衛隊はコッソリ去年リニューアルされたサンシャイン水族館に潜入してました@@
サンシャイン水族館



この日は黒猫が愛用するカメラを忘れるという失態で
白猫にカメラを借りました@@;
昔のカメラのようなので写り具合が悪くてもカンベンしてください^^;(白猫にぶっ飛ばされるな(笑
カタクチイワシ



オニイトマキエイ(鬼糸巻鱏、鬼糸巻鱝)Manta birostris(英名:Manta ray、マンタ・レイ)は、トビエイ目トビエイ科Myliobatidaeに属する世界最大のエイ。マンタと呼ばれることが多い。大きいものでは体の横幅8m、体重3tに達する。熱帯の海のごく表層を遊泳し、泳ぎながらプランクトンを食べる。(WIKIより抜粋)
マンタ



水タコ。
なぜか見ているのは女性が多かったですね@@;
「ふとーい ながーい 気持ちわるーい」と言いつつシャッターをきってる女性の多いこと多いこと@@;
そんなコメントを黒猫は目を閉じながら色々想像して聞いてました(笑
タコ




@@!
なにこのヘラジカ・・・
なんか違う・・・



淡水水槽もありましたよ^^
これはパールグラスですかねけっこう綺麗に維持されてました。
水上部分が熱帯雨林を思わせるくらいにワイルド過ぎます@@;
でもこんな水槽を自宅においてみたいなぁ~
でも水の滴る音がうるさくて寝れないだろうなぁ
淡水コーナー




脳みそですね~
サンゴ




「人魚になりたい少女」
・・・そう思っただけですハイ    (サメだよとか言わないように)
大水槽



テラリウムも沢山展示されてました@@
アクアやっている方でもカエルの美しさに魅了されて飼われている方も多いですよね^^
やはりその魅力は色でしょうか・・・ヤドクカエルなんかは種類も豊富でとても綺麗な色艶してますしね
あとはその愛くるしさでしょうか・・・壁面にピタッとくっついている足は猫の肉球のような愛らしさがあります
自分も今回見てきて少し飼いたくなりました^^;
カエル



んまぁ@@
天井を見上げたらこんな所にネイチャーを仕込んだりして!
明るくしたいのか光を遮りたいのかどっちですか(笑
照明



以前
うちのブログでも紹介した事がある透明標本も
売店で売ってましたね@@
ギリギリ値札が見えるでしょうか?
けっこう高いんですねー・・・ 安価な薬品で作成出来るみたいなのでいつかはやってみようと思ってますが
透明標本




という事でサンシャイン水族館での最後のショットはこちらです@@
皆さんお分かりでしょうか?
そう あの人もここで・・・

ヒントVol.198

水草の達人
スポンサーサイト
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。