The glass container

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
雨ざらしにして白化したブランチウッドの上に作成から2年経過したトキワシノボールを配置。
このまま部屋に持ち込んでインテリアとして鑑賞するのも
なかなかシャレオツです^^
シノブボール


完全に自己流の作り方なのですが少しばかり紹介いたします@@
用意するのは以下の材料。土は水苔、くん炭、ピートモス、腐葉土、黒土、富士石などなど
を水に少しづつ混ぜていきます。
用土


このような丸い球を作り、それをシノブコケと共にビニール網でくるんで崩れないように
します。球体の外気に触れる外側部分は水苔を敷いた方が崩れにくいです@@
玉つくる


球体に指で穴を作り、そこにトキワシノブを埋め込んでいきます。
この時 こんな不自然な埋め方で大丈夫かなぁ・・?と不安になるかもしれまんせんが、
そこは時間が経過すれば形も整ってきます^^
埋め込む


このトキワシノボールは吊るして栽培していくので、縄でボールを縛っていきます。
うまく縛らないとその後の出来上がりを左右するのでここは慎重に巻いて
いきます。今回はうまく巻けたようですね@@
縄を巻く


こちらが1年後のトキワシノボール。
トキワシノブは少しばかり成長してますがまだまだ根茎が発達していないので
まだまだですね。球体の外壁に活着させようとしたシノブコケは吊るしたままの乾燥気味な
環境ではなかなか繁茂していかないですね@@;
1年後


そしてこちらが2年後の現在のトキワシノボール。
実家の庭に吊るして栽培しているので忘れがちでしたが久しぶりに見に行ったら
けっこうイイ感じに育ってました。
2年後


作るのは大変ですが、一度作ってしまえば後は放置するだけなので簡単です^^
夏場に縁側に置いて蚊取り線香と共にスイカなんぞを食ったら風情を感じられる
事うけあいですよー   是非お試しあれ。
2年後うえ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気になった事。雑記など。



実家の60cm水槽にある再生中のボルビが綺麗~!
波紋は新しく購入してきたレオパードダニオがつくった波紋のようです。
波紋


レオパードダニオ。
この体表がなんともいえない素敵ですね~^^
性格はけっこう凶暴でエサの奪い合いが激しいですけどね。
レオパーダニオ


ウォータークローバー。
チャームでポチって植える時間なかったから水槽にドボンしてたら
芽をだしやがった^^;
生えて


化粧砂を白くしてイメージチェンジ。
ヤマトヌマエビは新し物好きだから変えた途端すぐに興味津々にツマツマしてました。
雪


遠くから見てた彼も化粧砂に興味があったようです。
ヤマトヌマエビが去ったあとズササーッとやってました・・・。後でなおしておいてよね。
スノー



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あいかわらずフラワーベースもやってます@@;

水槽で使う予定のない水草ストック用ですが
少しばかりレイアウトを意識して植えると観賞用としてもなかなかいけます^^
あいかわらず


今回はプチナナの大株とポゴステモン・デカネンシス(←ショップで買うとけっこう高い)
を捨ててなるものかと、これでもかと植え込みました(笑
これでもか



夜は私の隠れ家を怪しく照らします@@

あやしく照らす
スポンサーサイト
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。