The glass container

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
雨ざらしにして白化したブランチウッドの上に作成から2年経過したトキワシノボールを配置。
このまま部屋に持ち込んでインテリアとして鑑賞するのも
なかなかシャレオツです^^
シノブボール


完全に自己流の作り方なのですが少しばかり紹介いたします@@
用意するのは以下の材料。土は水苔、くん炭、ピートモス、腐葉土、黒土、富士石などなど
を水に少しづつ混ぜていきます。
用土


このような丸い球を作り、それをシノブコケと共にビニール網でくるんで崩れないように
します。球体の外気に触れる外側部分は水苔を敷いた方が崩れにくいです@@
玉つくる


球体に指で穴を作り、そこにトキワシノブを埋め込んでいきます。
この時 こんな不自然な埋め方で大丈夫かなぁ・・?と不安になるかもしれまんせんが、
そこは時間が経過すれば形も整ってきます^^
埋め込む


このトキワシノボールは吊るして栽培していくので、縄でボールを縛っていきます。
うまく縛らないとその後の出来上がりを左右するのでここは慎重に巻いて
いきます。今回はうまく巻けたようですね@@
縄を巻く


こちらが1年後のトキワシノボール。
トキワシノブは少しばかり成長してますがまだまだ根茎が発達していないので
まだまだですね。球体の外壁に活着させようとしたシノブコケは吊るしたままの乾燥気味な
環境ではなかなか繁茂していかないですね@@;
1年後


そしてこちらが2年後の現在のトキワシノボール。
実家の庭に吊るして栽培しているので忘れがちでしたが久しぶりに見に行ったら
けっこうイイ感じに育ってました。
2年後


作るのは大変ですが、一度作ってしまえば後は放置するだけなので簡単です^^
夏場に縁側に置いて蚊取り線香と共にスイカなんぞを食ったら風情を感じられる
事うけあいですよー   是非お試しあれ。
2年後うえ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気になった事。雑記など。



実家の60cm水槽にある再生中のボルビが綺麗~!
波紋は新しく購入してきたレオパードダニオがつくった波紋のようです。
波紋


レオパードダニオ。
この体表がなんともいえない素敵ですね~^^
性格はけっこう凶暴でエサの奪い合いが激しいですけどね。
レオパーダニオ


ウォータークローバー。
チャームでポチって植える時間なかったから水槽にドボンしてたら
芽をだしやがった^^;
生えて


化粧砂を白くしてイメージチェンジ。
ヤマトヌマエビは新し物好きだから変えた途端すぐに興味津々にツマツマしてました。
雪


遠くから見てた彼も化粧砂に興味があったようです。
ヤマトヌマエビが去ったあとズササーッとやってました・・・。後でなおしておいてよね。
スノー



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あいかわらずフラワーベースもやってます@@;

水槽で使う予定のない水草ストック用ですが
少しばかりレイアウトを意識して植えると観賞用としてもなかなかいけます^^
あいかわらず


今回はプチナナの大株とポゴステモン・デカネンシス(←ショップで買うとけっこう高い)
を捨ててなるものかと、これでもかと植え込みました(笑
これでもか



夜は私の隠れ家を怪しく照らします@@

あやしく照らす
昭和記念公園の花火を見に行ってきました。
花火見物といったら屋台と人混みの中で見るイメージしかなかったのですが・・・
昭和記念公園は広大な敷地なので広い芝生の上に寝転がりゆったりと見る事が出来ました^^

はなび


なにげにデジイチで花火を撮るのは初めてかもしれない@@;
シャッター速度や撮影位置を気にしているうちに時間は過ぎてゆき・・・あっという間に花火は終了。
納得できる画は撮れなかったし、ファインダー越しにしか花火を見れず・・・^^;

はなび2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて以前こちらで紹介したミニM水槽。
だいぶ時間が経ってしまいましたが、数ヶ月の記録をあっという間に紹介したいと思います@@
miniM.jpg


まずは生体の居ないこの水槽にコリドラスを購入。パレアタスだったかな@@?
青光する体表がなんとも綺麗なコリさんです。
でもコリは砂を舞い上げるので粉塵で水の透明度は落ち、アカ虫を与えていたのでブッパでは少々
濾過能力が追いつかない感じでした。見た目よりも生体の方が大事なのでとりあえずブッパは
やめて外掛け式フィルターの設置を検討する事に・・・@@

コリドラス


ロタラの成長も早いものでとりあえず濾過不足のこの状態で水草を切るのは
苔の繁殖に繋がるかな?とは思いましたけど、ここで切らないと水草の生長も維持も難しく
なりそうなのでバッサリいくことに・・・

カット



水槽の中央部分の砂地が少し寂しいのでオームの抜け殻を配置!
ナウシカ気取りのコリちゃん  「さあ オーム森へお帰り!」

オーム


そんなコリの思いも知らず
さらにバッサリと森をトリミングしていく巨神兵黒猫(笑

さらにカット


自分は右利きなのでミニMの右側はこのようにハサミを持ってトリミングしています。
器用な方は左に持ち替えて切るんでしょうかね@@?
皆さんは普段どんな感じにトリミングしてるのでしょうかね・・・ウーム気になるところだ。

右側は


ナウシカコリドラスのエサはアカ虫ですが、あまり上手に食べれてないようだったので
沈水性のプランクトンに変更しました。ネットで調べたらけっこう使用されている方も多くて
水も汚れにくくなかなか良さそうです。
エサ


さらに時間は経過して・・・。
水草は繁茂し、茶苔もなくなりレイアウトとしてはこれで完成でしょうか@@
という事でこの凹型レイアウトに色々足したり引いたりしてリメイクする事にしました。
そしてさらに成長して・・・


まず後景にソイルを追加。そしてニューパールグラスを追加。
後ろはソイル、前景は化粧砂の敷き分けの為に山谷石を追加。
さらに前景と後景の繋がりの為にリシアボールを作成し追加。
う~む追加ばっかりになってしまった^^;
「レイアウトは引き算なんだよ」というアマノ氏はやっぱスゲェーなぁ・・・。
アマノ氏に対抗して「レイアウトは足し算なんだよ」という持論を提唱していこうかな(笑
リメイク



そんなアクアの趣味を日々自分の隠れ家で行っております(笑
↓隠れ家からの景色。・・・夏も終わりですね~

夏も終わり


そんなこんなで足し算レイアウトの今後が楽しみです^^
『オームと小オーム』
楽しみです


・・・・・・・・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
白猫がまた透明標本を買ってきたようです。
右の青い瓶に入ったメキシコサラマンダーの小さいやつ。胃の内容物が見えますねぇ・・・キモチワル

透明標本
最近ではニューラージパールグラスやニューパールグラスなど色々と種類が出て来て
その成長も個々によって全然違いますよね@@

以前
(こちらで)紹介した60cm水槽のパールグラス水槽のその後です。
計算通り石をオーバーハングして成長してくれました^^
しかし・・・
最初は10本程度で始めたこのパールグラス・・・一度もトリミングせずに
ここまで勝手に増えるとは@@;
パールグラス
[水槽] 60㎝×30㎝×36㎝
[照明] ソーラーⅠ150w ×7時間
[CO2] インラインで6時間
[エアー] 消灯時に可動
[水温] 26度設定
[水質] 未測定
[濾過] エーハイム500×2機
[底床] コントロソイル
[水草] オークロ/グロッソ/エキノドルステネルス/パールグラス/キューバパールグラス/アマゾンフロッグピット
[生体] ヤマトヌマエビと・・・熱帯魚は入ってなかったかもしれません^^;
[液肥] カリウム溶液に園芸用の肥料と鉄力あぐりを混ぜたものを時々
[装飾品] フィールド採取した石
[作者] 黒猫あくあ




こちらは夏場に黒ずんでしまったボルビの復活の為
葉を全部切り落とし茎だけの状態にして園芸用のネットに絡ませています。
2ヶ月くらいもすれば葉も生い茂ってくるはずです
流木に巻いたりするのは面倒なので@@;
ボルビ


水草の生長にはあまり適さないメタハラと言われますが、確かにロタラ系は
蛍光灯のやわらかい光のほうが綺麗な草体になると思いますがパールグラスは
メタハラ環境でもいい感じに成長してくれました@@
60cmパールグラス


水上植物の話・・・
ベビーティアーズという植物をご存知でしょうか@@?
別名「天使の涙」とも呼ばれその小さな葉はまるで赤ちゃんの涙のようです@@
地を這うように増え世界一小さな花を咲かすとも言われています。

私は初めて園芸ショップでこの植物を見たときキューバパールグラス
の水上葉にそっくりだと思いました@@;
今日はそんなベビーティアーズの成長記録を紹介いたします
陸上版キューバ?


使ったのは園芸用の土とその辺に落ちてた石。
高温多湿を好み、蒸れや乾燥に弱い為夏場は毎日の水遣りが必須となります。
陸上版キューバ


白い化粧砂を敷いてもなかなか風流ですな@@
枯山水ごっこ


勢いづいてくるとどんどん繁茂してこの辺もキューバパールグラスに似ていますよね。
石を覆ってしまいそうな勢い・・・
石に密着して這うあたりがネイチャーな感じがしてゾクッとします(笑←変態だな・・・
陸上版キューバa



最初に植栽してから2ヶ月程でこのような感じになりました。
夏場は外で育成できますが低温に弱い為冬場は室内で越冬するとよいです。
私はアクアテラリウムにも使用していた時期もあるので冬場はテラに利用して越冬させても
いいかもしれません@@
陸上版キューバ4




夏休みも残りわずか
お子様は夏の自由研究に・・・
お父様はお仕事のストレス発散の為のリフレッシュに・・・
奥様は殺伐としたキッチンのインテリアとして・・・
好きなあの人にまだ告白出来ていない方はプレゼントとして・・・(笑

ちなみに花言葉は「変わらぬ愛」「終わりのない友情」「不朽」らしいです。

ベビーティアーズ如何でしょうか^^
園芸ショップで数百円で販売しております

陸上版キューバg
さて以前にこちらで紹介した小型の8リットル水槽ですが
その後このようになりました@@
小型水槽の全景
[水槽] 30㎝×17㎝×17㎝
[照明] カノーバライトFPL27w ×7時間
[CO2] ミニストーン拡散器で6時間
[エアー] なし
[水温] 27度設定
[水質] 未測定
[濾過] テトラ外掛けフィルターS
[底床] 田砂と水草一番サンド
[水草] オークロ/リシア/モス/ウォーターローン/ロタラ数種類/アマゾンフロッグピット
[生体] ヤマトヌマエビ2匹
[液肥] カリウム溶液に園芸用の肥料と鉄力あぐりを混ぜたものを時々
[ヒーター] 50W
[装飾品] フィールド採取した石 園芸用鉢底ネット
[作者] 黒猫あくあ




小型水槽には小生意気なリシアの絨毯を目指して
自作の金網を作って育成し始めた頃・・・
(↓ビフォアー)
リシア絨毯


これを設置したのはまだ寒く乾燥する気候だったので水の減りが早いし
水槽の高さが17㎝しかないので(ソイルの高さを引くと12㎝くらい@@?)
けっこう頻繁にトリミングが必要でした^^; ただ数回目からは葉の大きさも小さく
成長速度も緩やかになったので楽でした
(↓アフター)
小型水槽


鉢底ネットを棒状に巻いた中に入れたモスもなかなか懸命に成長して
くれて、そこに鉢底ネットがあった事を忘れる位に繁茂しました@@
毎日の足し水は大変だけど・・・
手軽にセット・リセット出来て必要とする水草や装飾品の量も少なくてすむ小型水槽はお財布にも
優しくて大好きです(笑
小型水槽の



~~~~アクアな場所の話~~~~~

世間はスカイツリーのすみだ水族館に注目されているその頃
黒猫白猫親衛隊はコッソリ去年リニューアルされたサンシャイン水族館に潜入してました@@
サンシャイン水族館



この日は黒猫が愛用するカメラを忘れるという失態で
白猫にカメラを借りました@@;
昔のカメラのようなので写り具合が悪くてもカンベンしてください^^;(白猫にぶっ飛ばされるな(笑
カタクチイワシ



オニイトマキエイ(鬼糸巻鱏、鬼糸巻鱝)Manta birostris(英名:Manta ray、マンタ・レイ)は、トビエイ目トビエイ科Myliobatidaeに属する世界最大のエイ。マンタと呼ばれることが多い。大きいものでは体の横幅8m、体重3tに達する。熱帯の海のごく表層を遊泳し、泳ぎながらプランクトンを食べる。(WIKIより抜粋)
マンタ



水タコ。
なぜか見ているのは女性が多かったですね@@;
「ふとーい ながーい 気持ちわるーい」と言いつつシャッターをきってる女性の多いこと多いこと@@;
そんなコメントを黒猫は目を閉じながら色々想像して聞いてました(笑
タコ




@@!
なにこのヘラジカ・・・
なんか違う・・・



淡水水槽もありましたよ^^
これはパールグラスですかねけっこう綺麗に維持されてました。
水上部分が熱帯雨林を思わせるくらいにワイルド過ぎます@@;
でもこんな水槽を自宅においてみたいなぁ~
でも水の滴る音がうるさくて寝れないだろうなぁ
淡水コーナー




脳みそですね~
サンゴ




「人魚になりたい少女」
・・・そう思っただけですハイ    (サメだよとか言わないように)
大水槽



テラリウムも沢山展示されてました@@
アクアやっている方でもカエルの美しさに魅了されて飼われている方も多いですよね^^
やはりその魅力は色でしょうか・・・ヤドクカエルなんかは種類も豊富でとても綺麗な色艶してますしね
あとはその愛くるしさでしょうか・・・壁面にピタッとくっついている足は猫の肉球のような愛らしさがあります
自分も今回見てきて少し飼いたくなりました^^;
カエル



んまぁ@@
天井を見上げたらこんな所にネイチャーを仕込んだりして!
明るくしたいのか光を遮りたいのかどっちですか(笑
照明



以前
うちのブログでも紹介した事がある透明標本も
売店で売ってましたね@@
ギリギリ値札が見えるでしょうか?
けっこう高いんですねー・・・ 安価な薬品で作成出来るみたいなのでいつかはやってみようと思ってますが
透明標本




という事でサンシャイン水族館での最後のショットはこちらです@@
皆さんお分かりでしょうか?
そう あの人もここで・・・

ヒントVol.198

水草の達人
~さらに続き~


(屋外より室内に戻る)
なんだこのテトリスみたいな水槽達は・・・@@;
よく見ると照明にはLEDが使われているようだ・・・
この狭いラックの間に照明を噛ませている家主はなかなかに収納上手みたいだな(笑
水上育成








ガラッ
(温室のようなドアを開けてみる)





うわっ
すごい水槽の数だっ
向こうがかすんで見える@@;
奥で誰かが水槽に手を突っ込んでいる・・・
不審者か@@? う~む・・・見てみぬふりをして元の部屋に戻ろう・・・^^;
海水







ここは淡水水槽部屋か・・・
あいかわらず水槽の先が見えないほど遠いい・・・
この部屋は左側から蛍光灯、LED、メタハラと照明を使い分けているみたいですね。
それぞれの照明の特性を研究でもしているのか?館の主はなかなか勤勉そうですね@@
比較




これはモスを巻きつけてある流木などが入った水槽か・・・@@

う~む かなり几帳面に巻いてある。
神経質な部分もあるのかなぁ(笑
モスとか




これはブセの水槽でしょうね@@
水槽台に白い紙が貼ってあり値段が書かれている・・・
LED下で生育されているようだが苔も出ずコンディションも良さそうだ@@
見た所・・・10種類近いブセがあるみたい。ブルジョワッ
ブセ販売


それにしても水草の調子が抜群にイイ!
↓これなんかもレイアウト水槽みたいだ!
 でも値段が書かれてるしまさかこっから抜いて買えるのか@@?
水草の調子が抜群




この抜群に調子のいい水草・・・レイアウトを崩してまで購入できるはずはない@@;
しかし値段が貼られてるし・・・
水草調子いいー





なんだか色々見ていて疲れた・・・
少し椅子に座って休むとしよう@@
ここから注文




おや!?
さっき水槽に手を突っ込んでいた青年がコーヒーを持ってきてくれた@@!

( ´_`)。○ 〇(けっこういい人じゃないか・・・さっきは不審者呼ばわりしてゴメンよ)
コーヒー





しかし・・・なんてここは居心地が良いんだ・・・。
白猫と4時間近く滞在してしまった@@;
結局、誰の家なのかも分からなかったけど・・・またいつか来れたらいいなぁ


これにて潜入捜査終了@@!!
パソコンとコーシー 





家に持ち帰った利き石達。
う~む この刻まれた岩肌・・・ サイコーだ~><
戦利品
 







(注)ちゃんと石は買いましたからね!^^;

戦利品1
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。